安全、持続可能、
環境にやさしい

environmental benefits of solar energy

ソーラーエネルギーはCO2汚染とは無縁

化石燃料の使用を続けると、高レベルの二酸化炭素と大気汚染を発生させます。大気汚染は、有害な健康問題の原因となり、気候変動の一因にもなります。CO2は地球環境に有害な影響を与え、気象パターンの変動、海水位の上昇、生態系の破壊などを引き起こしています。

ソーラーエネルギーは、太陽光を実用可能エネルギーに変換する際に、CO2汚染物質を排出しません。

 

 

 

安全で環境に優しいエネルギー源

太陽光はただで無限に利用でき、とても身近です。一方、化石燃料には採掘、抽出、輸送が必要です。これらのプロセスは、地質学上および生態系上の深刻な破壊を引き起こし、油の流出など大惨事の危険も伴います。

 

 

太陽光は無炭素エネルギー

2014年、米国では、エネルギー関連の発生源から推定54億400万トンのCO2が放出されました。一方、太陽光をはじめとする再生可能エネルギーによるCO2排出はほとんどゼロです。実際、より多くの住宅および企業が太陽光発電に切り替えることで、二酸化炭素排出および汚染による有害な影響の軽減を共同で推し進めて行くことができるようになるのです。