オッシュマンファミリーJCC

オッシュマンファミリーJCC

米国、カリフォルニア州

産業用

カルフォルニア州パロアルトにあるオッシュマンファミリーユダヤ人コミュニティセンター(OFJCC)および「ユダヤ人の生活のためのタウベ・コレット・キャンパス」は、持続可能性に熱心なコミュニティ組織として、生態学的価値と環境上の責任を奨励する活動をしています。しかし、この組織が再生可能エネルギーで建物に電力を供給することを決定した際、いくつかの課題に直面しました。施設のルーフトップのレイアウトおよび表面状態が必ずしも太陽光発電に最適というわけではなく、そのため標準的なシステムでは難しく、割高になりました。

そこで、柔軟なソーラーシステムをタウベ・コレット・キャンパスの12箇所のルーフトップに設置するために、トリナ・ソーラー、コボルト・パワー・システムズ社、THiNKnrg社が協力しました。このシステムは、キャンパスで必要なエネルギーの20パーセントを供給し、今後20年にわたってOFJCCのエネルギーコストを150万ドル以上削減します。太陽光発電を設置したことにより、タウベ・コレット・キャンパスはその複合施設全体に対し、米国グリーンビルディング協会所管のLEEDシルバー認証を獲得することができました。

このプロジェクトの詳細(英語)をご覧になる場合は、ここからダウンロードしてください。