Honey Black M DD06M.05(II)

ハーフカットセル,MBB(マルチバスバー),320-340W

  • Feature

    120Half-cut Cell

    単結晶モジュール

  • Feature

    320-340W

    出力範囲

  • Feature

    19.9%

    最大変換効率

  • Feature

    0~+5W

    出力許容公差

製品詳細をダウンロード

美しい黒い外観はルーフトップに最適

均一で深みのある黒色の単結晶MBB(マルチバスバー)セルを採用したHoney Black Mは、美観性や発電効率に加えて、実績のある信頼性と品質も兼ね備え、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、および日本の市場で人気の高い製品です。

業界をリードする技術の融合

Honey Black MにはハーフカットセルやMBB(マルチバスバー)などの技術が統合されており、最大出力340Wを実現しています。MBBは、電流伝導距離を50%以上短くしてリボン内部の抵抗損失を低減します。細く幅の狭いラウンドワイヤーをバスバーに採用することで受光面積の増加に加えて、入射光がセルに届きやすくなり、エネルギー効率が向上します。さらに、ハーフカットセル独自の回路設計により、フルサイズセルに比べて電力損失が4分の1に減り、その結果、電気抵抗が低減し、モジュール全体の発電効率が2%以上向上します。

高い信頼性

トリナ・ソーラー製品は、厳格な原材料選びと生産ライン全体のバリューチェーン管理に基づいて、常に高い信頼性と確かな製品性能を維持しています。トリナ・ソーラーは、高い基準と体系的な品質管理によって、4年連続でノルウェーの第三者調査機関であるDNV GLの「PVモジュール信頼性スコアカード」で、「トップパフォーマー」としてランク付けされました。