トリナ・ソーラー
ご案内ページ

トリナソーラーのメリット

脱FIT時代の太陽光発電

太陽光発電と聞けば、FIT(固定価格買取制度)を活用して発電した電力を売る売電事業を思い浮かべる人が多いでしょう。
FITによる売電は、売電単価の減少、入札制度の導入、10kW以上50kW未満の太陽光発電はFITを使った全量売電ができなくなるなどのルール変更により、FITを使わない売電事業、あるいは施設の屋根や敷地に太陽光発電設備を設置して、発電した電力を施設内で消費する自家消費に移行しつつあります。
トリナ・ソーラーの高出力・高効率の太陽電池モジュールは、初期投資、LCOEの削減に貢献します。
トリナ・ソーラーならば、住宅から大型プロジェクトまで、それぞれの用途に応じた太陽電池モジュールをラインナップしています。

トリナ・ソーラーを太陽光発電所に採用するメリット

高出力の初期投資やLCOEを低減することができます。
経年劣化の少ない長期にわたる保証がついた太陽電池モジュールならばより多くの発電量を見込める上に安心です。

LCOE(均等化発電原価)の低減

初期投資⬇︎ 1スリング(回路)出力の最大化が効果的 
→モジュール開放電圧Vocの低減
総発電量⬆︎ システムレベルでの高効率化・高出力化

長期保証

初年度および経年出力劣化率が向上し、
さらに保証期間も長くなりました

*166/210mmセル製品群より2020/5/1出荷分より適用開始

トリナ・ソーラーを自家消費に採用するメリット

トリナ・ソーラーの太陽光パネルは長期に渡る安心の保証がついています。
設置環境に応じた製品が選べるので水上設置やソーラーシェアリングなどに最適です。
塩害の心配で諦めていた太陽光発電も両面ガラス構造のパネルが解決します。

脱FITへ
いまこそ自家消費

これからはFITを使わない売電事業や、あるいは施設の屋根や敷地に太陽光発電設備を設置して、発電した電力を施設内で消費する自家消費が主流になっていきます。住宅用は自家消費が主流になっています。なぜなら、自家消費には3つの大きなメリットがあるからです。

merit 01

コスト削減に有効

太陽光発電設備の価格低減が進むにつれ、FITの売電単価は毎年下がりますが、一方で電気料金はここ数年上昇しています。
2019年度には、ついに産業用で電気料金がFITの売電単価を上回りました。住宅用も地域によっては同様の現象が起きています。このため、太陽光発電設備でつくった電力は、売るよりも使って、電気代の支出を抑える方が経済的なのです。

しかも、太陽光発電設備の導入に伴う初期投資は、概ね5~7年程度で回収できるようになりました。電気代の削減効果に加え、自家消費を目的に太陽光発電設備を導入すれば、行政による様々な助成が受けられるのです。たとえば中小企業であれば、『中小企業経営強化税制』という税制優遇が受けられます。同税制は蓄電設備も対象で、2021年3月末まで適用されます。近年は地方自治体が太陽光発電設備の設置に関して手厚い補助金を出すケースも増えています。

merit 02

企業価値向上の手段です

脱炭素社会への世界的な潮流を背景に、投資家はESG(環境・社会・企業統治)に配慮する企業に投資するようになり、企業は環境貢献をアピールせざるを得なくなりました。たとえば、事業用電力をすべて再生可能エネルギー電力で賄うことを目指す国際的な枠組み、『RE100』です。世界の名だたる企業が多数加盟し、その数200社を超えています。日本ではRE100加盟企業が増えているほか、中小企業版の『再エネ100宣言RE Action』が発足。再エネ電力の需要が急速に高まっています。

この状況下、自家消費用の太陽光発電設備の導入は環境への配慮を意味します。今後は『Jクレジット制度』などを活用すれば、環境価値を切り離して販売できるようになります。再エネ電力や環境価値の需要が増えているだけに、売電用の太陽光発電事業にもまだまだ商機が見込めるでしょう。

merit 03

備えあれば憂いなし

近年、異常気象が頻発し、自然災害が増えています。千葉県を襲った大型台風の被害は甚大で、1ヵ月半以上停電が続いた地域もありました。電力供給が長く途絶えれば、家庭での生活や企業活動への影響は大きく、特に企業の危機管理意識は高まっています。
太陽光発電用パワーコンディショナーには、自立運転機能を搭載した機器があります。停電時に自立運転モードに切り替えると、昼間は太陽光発電で発電した電力を使うことができます。さらに、蓄電設備を併設すれば、昼間にためた電力を夜間に使用することも可能になり、停電時も、通常と変わらずに電力を使用できる環境が整います。このように、自家消費用の太陽光発電設備は、家庭での生活維持や、企業のBCP(事業継続計画)として有効なのですが、たとえば、非常時に近隣の住民に電力を提供することもできます。地域貢献の手段になり得るのです。

パワーコンディショナの
自立運転機能を利用すれば
停電時にも電気が使えます

*自立運転機能の切り替え操作方法はメーカー・機種によって異なるため、
あらかじめ導入されたパワーコンディショナの取り扱い説明書をご確認ください。

太陽光発電や製品について、その他太陽光発電システムにまつわる
疑問や質問への回答をまとめました。

太陽光発電システムをご検討の方や興味をお持ちの方は
ぜひトリナ・ソーラー・ジャパンにご相談ください。

製品カタログや各種資料のダウンロードはこちらから