TALLMAX M-DE17M(II)

ハーフカットセル, MBB(マルチバスバー), 430-450W

  • Feature

    144 Half-cut Cell

    単結晶モジュール

  • Feature

    430-450W

    出力範囲

  • Feature

    20.6%

    最大変換効率

  • Feature

    0~+5W

    出力許容公差

製品詳細をダウンロード

ハーフカットセル技術を備え、出力を向上

Tallmax M製品はハーフカットセル技術を採用しています。ハーフカットセルは、内部抵抗による発熱を抑制してより低い温度で動作するため、ワットあたりの出力を向上させます。ハーフカットセルは内部損失を低減するため、モジュールとジャンクションボックスの動作温度が低下し、ホットスポットの発生確率とモジュール全体の損傷リスクを大幅に低減させます。ハーフカットセルは、特別な並列直列回路構成に基づいて配列されているため、影による出力低下のリスクを低減させます。

高い信頼性

Tallmax Mモジュールは、業界で最も信頼されるモジュールの一つです。ハーフカットセルは、ホットスポットや過度な温度に対する強い耐性を備え、モジュールの信頼性を向上させます。MBB(マルチバスバー)セルを利用することで、バスバーの間隔が狭くなり密度が上がるため、マイクロクラックが発生した場合でも、セル全体の出力に対する影響は小さく発電ロスは抑制されます。近年、世界の太陽光発電業界のマーケットでは、MBB(マルチバスバー)テクノロジーを搭載したPVモジュールが主流となっています。

より高い出力で、より高い投資収益率を実現

Tallmax Mモジュールは、ハーフカットセルやMBB(マルチバスバー)などのさまざまな技術を統合し、最高出力450Wを実現しています。Tallmax Mモジュールを活用することで、発電所で使用されるモジュールの数を大幅に削減できるため、それに付随するサポートやケーブル、建設、土地のコストが低減され、投資収益率が高まります。