新・メガソーラー活用塾①「在来種大豆」のブランド化で限界集落を活性化

JR渋谷駅に直結する商業施設「渋谷ヒカリエ」は、百貨店やミュージカル劇場のほか、時代の先端を行く商店が軒を連ねる。8階の「d47食堂」では、47都道府県のグルメ食材を使った地域色の強い定食を提供している。今年1月17日から2月15日まで、期間限定の特別メニューとして、「八天狗定食」を提供し人気を集めた。当初、1日30食を予定していたが、売り切れが続くなど好評のうちに終わった。

「八天狗」とは、熊本県山都町の水増(みずまさり)集落などで受け継がれてきた在来種大豆。種皮のうち、「へそ」の部分が黒いのが特徴で、深みのある独特の味わいがある。水増集落では、自家用として昔から栽培され、地元農家では食卓の定番になってきた。

この「幻の在来大豆」がその存在を大消費地にアピールしたきっかけは、2014年5月に水増集落で運転を始めた出力2MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「水増ソーラーパーク」だ。水増集落は、阿蘇カルデラを形作る南外輪山にあり、豊かな自然に恵まれている。ただ、主体となる農林業の担い手が減り、高齢化と少子化が進んでいる。今や10世帯19人まで減り、平均年齢は約70歳。20年後の存続が危ぶまれる限界集落の1つだ。


図 水増集落の産業の活性化を支援する「水増ソーラーパーク」(日経BP)

「水増ソーラーパーク」は、同集落が共同で管理する入会地に建設された。20~30度の山腹の斜面、3.4haに約8000枚の結晶シリコン型太陽光パネルを土地なりに敷き詰めた。熊本県の新エネルギー開発のベンチャー企業が土地を賃借し、太陽光発電所を建設・事業化した。

水増集落では、メガソーラー完成に際し、「水増ソーラーパーク管理組合」を設立した。ベンチャー企業は土地の賃料として年間500万円を組合に払うとともに、売電収入の約5%(約500万円)を還元している。それは単にお金を寄付するのではなく、5%分の売電収入を原資とした「マーケティング包括協定」を管理組合と結んだ。

「マーケティング」とは、水増集落の産業を活性化することで、最終的に雇用や定住を促進するのが狙いだ。具体的には、同集落で営まれている無農薬・無肥料の自然栽培型農業や在来作物を発掘してブランド化し、都市から観光客を呼び込んだり、体験型農業学習を受け入れたりして、交流人口を増やしていくことをイメージしている。

メガソーラーを取り囲むエリアを観光農園として整備し、エネルギー生産と農畜産業が共存した新しい試みとしてアピールし始めた。都市に暮らす環境意識の高い人たちに対し、体験型農業学習の場として活用してもらうことを狙っている。「八天狗」を水増特産の大豆としてブランド化する、というアイデアもこうした視察がきっかけとなった。

今後、ベンチャー企業は、「八天狗」を筆頭に水増集落で有機農法による安全・安心な農産物を生産し、ブランド化していく計画だ。並行して、近隣の古民家を活用した「農村カフェ」を建設し、インフォメーションセンターや宿泊施設として営業する準備を進めている。(日経BP総研 クリーンテック研究所


これからの時代は太陽電池パネル選定が今まで以上に重要になってきます。グローバルのトップ企業トリナ・ソーラーの高品質で高パフォーマンスの製品の中から最適なパネルをお選びください。

 

関連コンテンツ

ブログ一覧はこちら 製品一覧はこちら

関連する記事

スマートエネルギー

の情報をお届けします

  カテゴリー
∧  
  アーカイブス
∧