メガソーラーへの環境アセス適用も、環境省が今夏に検討会

環境省は2018年7月3日、太陽光パネルのリユースやリサイクル、適正処理を円滑に進めるための制度を早期に導入することに加え、メガソーラー(大規模太陽光発電所)を国の法律に基づく環境影響評価(アセスメント)の対象に加えることを検討すると発表した。

同省は、2018年5月に「太陽光発電のリサイクル・適正処理等 に関する検討チーム」を設置し、太陽光発電設備の廃棄問題への対応と、新規導入に当たっての環境配慮のあり方を議論し、そのとりまとめ内容を公表した(図)。

 

図1

図 環境省はメガソーラーを環境アセスの対象とすることを検討する(出所:環境省)

 

太陽光パネルの廃棄問題に関しては、「市場におけるリサイクル・最終処分コスト及びその変動に関わらず安定的にリサイクルがなされる状況を整えることが必要」とし、「経済産業省における廃棄費用確保が担保される仕組みの検討とも連携すべき」とした。経産省は、「廃棄費用を第3者が外部で積み立てる仕組みなどを検討すべき」との見解を示していることから、発電事業者から廃棄費用を事前に徴収し、第3者がそれを管理する仕組みを軸に検討が進む可能性が高い。

太陽光発電所への環境アセス適用に関しては、「特に大規模なもの(太陽光施設)については環境影響評価法の対象事業とすることも含め、法、条例、自主的取組を組み合わせた適切な制度の検討を早急に行うべき」とし、今夏に検討会を立ち上げる方針を示した。

環境アセスメントには、国の法律にも基づく「法令アセス」と、自治体の制定した条例に基づく「条例アセス」がある。火力や風力、水力発電所で一定規模以上の施設は、すでに法令アセスの対象になっている。現在、太陽光発電所は法令アセスの対象ではないが、栃木県や長野県など一部の自治体で一定規模以上の太陽光発電所を条例アセスの対象としてきた。

一般的に、条例アセスは、1年程度の「簡易アセス」で済むのに対し、法令アセスの場合、2~3年の「フルアセス」となる。今後の検討により、メガソーラーが法令アセスの対象になった場合、プロジェクトの計画から着工に至る開発期間が、これまで以上に長くなる可能性が高い。(日経BP総研 クリーンテックラボ


 

これからの時代は太陽電池パネル選定が今まで以上に重要になってきます。グローバルのトップ企業トリナ・ソーラーの高品質で高パフォーマンスの製品の中から最適なパネルをお選びください。

 

関連コンテンツ

ブログ一覧はこちら 製品一覧はこちら

関連する記事

スマートエネルギー

の情報をお届けします

  カテゴリー
∧  
  アーカイブス
∧