コロラド州立大学

コロラド州立大学

米国、コロラド州

発電事業用

コロラド州立大学は、エネルギー効率への取り組みの一環として、キャンパスに供給するエネルギーのコストを最小化するとともに、従来の電力によって発生する有害な排出物を削減しようとしていました。この大学では、Fotowatio Renewable Ventures(FRV)社とパートナー契約を結び、大学のフットフィルキャンパスに最大の大学ソーラーシステムの1つを建設するために、トリナ・ソーラー製モジュールを選択しました。

30エーカー、5.3メガワットの太陽光発電施設は、毎年850キロワット時以上のクリーンエネルギーを発電し、フットフィルキャンパスの1/3の電力をまなかっています。この施設の23,000枚のソーラーパネルは、温室効果ガスの排出を毎年600kg以上削減しています。この施設は、太陽光で発電した電力をコロラド州最大の電力会社であるXcel Energy社にも供給しています。FRV社がトリナ・ソーラーをパートナーに選んだのは、トリナ・ソーラー製モジュールの実績により立証されている性能が期待通り、または期待以上のエネルギーを発電し、健全な長期投資に貢献するためです。

このプロジェクトの詳細(英語)をご覧になる場合は、ここからダウンロードしてください。