太陽光の「契約申込み」が6月までに2GWに

電力広域的運営推進機関は2018年8月17日、発電設備の系統アクセス業務に関する2018年度第1四半期の受付・回答分を公表した。それによると、2018年4~6月における太陽光の接続契約の申込み容量は2GWを超え、ここ3年で最大となった。

この公表値は、発電設備の電力系統へのアクセス業務、具体的には一般送配電事業者に対する「事前相談」「接続検討」「契約申込み」の状況を広域機関が取りまとめたもの。対象となるのは、500kW以上の発電設備で4半期ごとに集計値を公表している。

太陽光に関しては、2018年度第1四半期の「契約申込み」は416件・2219MWとなった。2016年度同期は510件・1633MW、2017年度同期は140件・780MWだったので、件数では2016年度同期の方が多かったものの、容量ではここ3年で最大となった(図)。

 

図1

図 太陽光発電設備の系統アクセス業務の状況(第1四半期・500kW以上)(出所:日経BP総研 クリーンテックラボ)

 

ここ3年の通期での「契約申込み」の状況を比較すると、2015年度は1212件・4271MW、2016年度は1462件・4465MW、2017年度は1252件・2558MWだった。2017年度に固定価格買取制度(FIT)が改正され、2017年3月末までに接続契約を締結していないと、認定が失効したことから、2016年度に駆け込みの「契約申込み」があり、その翌年度の2017年度はその反動で「契約申込み」が減った可能性がある。

2018年度第1四半期の「契約申込み」が2219MWに達したことは、この3カ月間だけで2017年度通期に近い容量になっており、このままの基調が続けば、駆け込みで増加した2016年度を超える可能性もある。2018年度は高圧案件の買取価格は18円/kWh、特高案件は入札2年目で買取価格は18円/kWh以下になることが確実だが、新規案件の開発意欲は依然として衰えておらず、むしろ盛り返している可能性もある。

「契約申込み」の容量を件数で割った平均容量を比較すると、2015年度通期は3.5MW、2016年度通期は3.1MW、2017年度通期2.0MWだったのに対し、2018年度第1四半期は5.3MWに増えた。これは、買取価格の低下するなかで投資効率を高めるため、開発規模をより大きくしている可能性を示している。(日経BP総研 クリーンテックラボ


 

これからの時代は太陽電池パネル選定が今まで以上に重要になってきます。グローバルのトップ企業トリナ・ソーラーの高品質で高パフォーマンスの製品の中から最適なパネルをお選びください。

 

関連コンテンツ

ブログ一覧はこちら 製品一覧はこちら

関連する記事

スマートエネルギー

の情報をお届けします

  カテゴリー
∧  
  アーカイブス
∧