ZEH支援事業、9次、10次公募を追加実施

環境共創イニシアチブ(SII)は、2017年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業の8次公募を9月13日から実施する。公募期間は9月20日まで。交付決定予定日は10月16日。


2017年度ZEH支援事業の公募の申請状況と今後の公募について。申請件数と採択件数の差は、仕様変更によって補助要件未達となるための申請の取り下げなどによるもの(資料:環境共創イニシアチブ)

当初の予定では8次が最終の公募だったが、9次、10次公募の追加実施も決まった。SIIでは6次公募までの申請状況を踏まえ、17年度の事業内でさらに約3500件の補助金交付が可能と判断。公募期間と事業期間を延長し、公募の追加実施を行う。

9次公募は9月22日~同29日、10次公募は10月2日~同10日に行う予定だ。事業完了日はいずれも18年2月9日。十分な補助件数を確保できない場合は一部の公募を実施しない場合がある。7~10次公募の主な要件は、1~6次公募からの変更はない。詳細はSIIのホームページで公開している。

SIIは今後の公募予定の公表と併せて、今年の6次公募までの申請件数を公開した。4次公募は890件、5次公募は397件、6次公募は638件の申請があった。また、第6回蓄電システム商品登録公表に伴い、補助対象となる「蓄電システム登録済製品一覧」も更新した。8月30日時点の登録製品数は157件。補助対象に採択されたZEHに、登録済みの蓄電システムを導入した場合、初期実効容量1kWhあたり4万円(上限あり)の補助金額を加算する。(日経アーキテクチュア「省エネNext」の2017年9月11日公開のウェブ記事を転載)


これからの時代は太陽電池パネル選定が今まで以上に重要になってきます。グローバルのトップ企業トリナ・ソーラーの高品質で高パフォーマンスの製品の中から最適なパネルをお選びください。

 

関連コンテンツ

ブログTOPはこちら 製品一覧はこちら
お問い合わせフォーム

関連する記事