ZEHに無料で泊まって快適性を実感

環境省は、「COOL CHOICE ZEH体験宿泊事業」の体験宿泊者の募集を2017年10月16日から開始した。応募期間は18年2月14日までの予定。

同事業は、地球温暖化対策に資する「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE(クールチョイス)」を推進する一環として環境省が企画した。ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の体験宿泊を通して、生活者に高断熱で省エネな住宅の快適さを実感してもらう。

実施に際して、17年8月10日から同9月29日まで協賛・連携事業者を募集した。応募した30企業の中から、体験宿泊者の利便性を考慮して地域的なバランスを勘案し、戸建て住宅を9施設、賃貸マンションを1施設の全国10施設を選定した。


※ZEHビルダー:自社が受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標を掲げるハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建て売り住宅販売者などを環境共創イニシアチブ(SII)が「ZEHビルダー」と定める。
「COOL CHOICE ZEH体験宿泊事業」の体験宿泊施設(資料:環境省)

体験宿泊施設は、地域区分ごとに定められたZEHやNearly ZEHの強化外皮基準および強化外皮基準にできるだけ近い外皮性能を満たした上で、省エネ基準よりも20%以上の省エネを満たすことを要件として審査した。ZEH支援事業の補助金を受けた住宅でなくても対象としており、協賛・連携事業者にはZEHビルダーでない企業も含まれる。

体験宿泊の希望者は「COOL CHOICE エコ住キャンペーン」のウェブサイトから申し込む。新築や建て替え、リフォームなどを検討中の家族が対象となる。宿泊費用は無料だが、アンケート調査に協力することが条件となる。(日経アーキテクチュア「省エネNext」公開のウェブ記事を転載)


これからの時代は企業として省エネ、創エネ、畜エネへの取り組みが求められます。グローバルのトップ企業トリナ・ソーラーの高品質で高パフォーマンスの製品の中から最適なパネルをお選びください。

 

関連コンテンツ

ブログ一覧はこちら 製品一覧はこちら

関連する記事

スマートエネルギー

の情報をお届けします

  カテゴリー
∧  
  アーカイブス
∧