プロジェクト開発

優れた実績と豊富なパイプライン

過去20年間にわたり、トリナ・ソーラーは世界有数のプロジェクト開発会社として成長し、信頼に基づく長期的なパートナーシップを構築してきました。トリナ・ソーラーの下流部門であるプロジェクト開発部門では、中国、日本、米国、欧州、中南米、アジア太平洋諸国において、電力事業者ならびにC&I(商業・工業)施設向けに、プロジェクト開発、設計、資金調達、EPC管理、O&M、資産売却を含む、トータルソリューション・サービスを提供しております。トリナ・ソーラーは、世界中でこれまでに3GW以上の太陽光発電プラントを各国の電力網に系統連系し、欧州では2.5GW以上、中南米で2.5GW以上、アジアでは少なくとも1GW以上の豊富なプロジェクトパイプラインを有しています。

3+ GW
世界における
系統連系済み
プロジェクト
7+ GW
世界での
パイプライン
1+ GW
2019年時点での
建設中
プロジェクト

あらゆる開発段階における品質管理

トリナ・ソーラーの品質管理は、デューデリジェンスから投資に値する内部収益率を見込めるPVプロジェクトの特定に至るまで、プロジェクト開発の全段階を網羅しています。トリナ・ソーラーのモジュールは、材料および製造上の欠陥に対する10年保証と、25年または30年のリニア出力保証を備えています。すべてのプロジェクトでトリナ・ソーラーの厳しい技術および品質仕様を確実に満たします。

経験豊富な太陽光発電所設計チーム

トリナ・ソーラーの設計チームは、技術革新と設計における豊富な経験を誇りに思っています。当社の設計チームでは、スマートエネルギーツールを使用して、可能な限り効率の高いプロジェクトを構築します。

サプライチェーンの垂直統合

トリナ・ソーラーは、完全な垂直統合型企業です。このため、製造コストの削減と、プロジェクト競争力の大幅強化が可能です。

盤石なビジネスモデル

トリナ・ソーラーには、柔軟かつ高度なPVプロジェクト開発ビジネスモデルがあり、このモデルは経験豊富なプロジェクト管理チームによって統括され、膨大な品質管理プロセスによって強化されています。

プロジェクトの資金調達能力

トリナ・ソーラーは、多数の世界の銀行との強固な協力関係を幅広く持ち、中国の国有銀行から強力な財政支援を受けてきました。

世界的規模で開発されたプロジェクト

 

当社のプロジェクト開発サービスの範囲は、事業開発、太陽光発電プロジェクトのEPC(設計、調達、建設)契約、運用保守(O&M)サービスにもおよびます。トリナ・ソーラーは、中国、日本、中東、スイス、UK、米国などにオフィスを構え、アジア太平洋、欧州、北米、南米、中東、アフリカなどの地域に事業を展開しています。当社は、異文化におけるコミュニケーションと管理を実践しています。