太陽光発電の仕組み

Solar science illuminated

簡単にわかる太陽光発電の仕組み

太陽光エネルギーは、再生可能エネルギーまたは「グリーン」エネルギーと呼ばれ、100パーセント太陽から供給されます。それでは、どのようにして太陽電池パネルで太陽光が電気に変換されるのでしょうか?

how solar power works

1. 太陽電池パネルに太陽光が照射されると、パネルのシリコンセル内の電子がエネルギーを放出し、これが直流(DC)の電気になります。

how does solar power work

2. パワーコンディショナによってDCが交流(AC)の電気に変換され、家庭やビジネス用途に使用可能な電気になります。

how to build solar panels

3. 余った電気は、蓄電池に蓄電するか、電力会社に売ることができます。

                                                                         

solar power how it works

4. ソーラーパネルで発電する電気より電力が必要な場合は、足りない電気を送電線を通して電力会社から買うこともできます。

Types of solar panels

太陽電池パネルの種類

設置するソーラーシステムごとに設置面積および影によるさまざまな制約に対応する必要があり、万能型のソーラーソリューションは存在しません。トリナ・ソーラーは、、住宅、産業用、発電事業のプロジェクトのさまざまなニーズにお応えできるよう、さまざまなタイプの太陽電池パネルとソリューションをご用意しています。

太陽光発電システムで使用されるソーラーパネルとしては、主として単結晶多結晶の2種類があります。

Monocrystalline

単結晶

単結晶のソーラーパネルは、変換効率が高く、スペース効率の良いソリューションです。単結晶セルは、高耐久性、長寿命、外観的な美しさという特徴を持ち、住宅および小規模な商業用・産業用のルーフトップ設置に理想的なソリューションです。

Multicrystalline

多結晶

多結晶のソーラーパネルは、単結晶に比べて生産が容易で、コストパフォーマンスと汎用性に優れています。このタイプのパネルは、サイズと色の選択肢が多く、住宅にも大規模設置にも向いています。また、オングリッドとオフグリッドの両方の用途にも最適です。